国内バスツアーの主なスケジュール

BUSトラベリング

バスツアーの日程

指定された場所に集合

旅行会社が企画・運営するバスツアーに参加するなら、まずは集合場所をしっかり確認しておくことが大切です。そして、万が一迷った場合のことも考えて早めに到着しておけば安心でしょう。一般的なバス停はもちろん、主要駅の前なども集合場所として利用されています。そのため、出発地点周辺のバス停を確認する必要があります。
事前に確認しておいた方が良い理由としては、集合場所が分かりにくいこともあるからです。待ち合わせはバス停留所が指定されることもありますが、違う場合もあります。地理的に難しい場所の場合、その目的地までに辿り着けないことも多いのです。そうなればせっかく申し込んだツアー代金が無駄になってしまいます。当日キャンセルする場合はキャンセル料金が発生するので、遅刻をしないように前もって調べておきましょう。
現地までは地図で指定している会社も分かりやすいですが、あまり地図を読むのに慣れていないという人は、インターネットで周辺の写真を調べておくことも大事です。

観光地まで快適にドライブ

バスツアーで利用されるバスのほとんどは大型です。車高が高いため、窓から外の景色を一望することが出来ます。普段は目に留まることのない景色を再発見することが可能なので、その点もバスツアーの魅力だと言えるでしょう。移動中の車内ではバスガイドによる案内が行なわれます。各地域の文化はもちろん、建造物などに関する情報なども面白く、そして分かりやすく説明してもらえるでしょう。ツアー会社によっては有名バスガイドを擁しているところもあるので、そういったプロの説明に酔い知れることができます。

数時間の自由時間

参加するバスツアーの内容にもよりますが、ほぼ全てのバスツアーには自由時間が設けられています。お土産を買いに行くも良し、周辺のスポットを巡るも良し。自由時間はバスツアー参加者が過ごしたいように過ごせる貴重な時間です。ただし集合時間も決められているため、遅れることがないように予定を組むことも重要でしょう。予め気になるお店などをピックアップしておくと予定通りに動けます。

全ての日程を終えたら

スケジュール通りにバスツアーによる観光を終えた後は、静かに帰路につきます。帰る際には睡眠をとる人のため、バスガイドもアナウンスなどは行なわないことがあるでしょう。しかし行きとは違うコースを走る場合、再び案内を行なうこともあります。そして、出発地点が解散地点になるので、荷物をまとめて帰宅する準備をしておくことが最適です。気をつけたいのがお土産を購入しすぎると規定サイズからオーバーしてしまうことがあるので、バスに詰め込めるサイズの荷物はあらかじめ把握しておきましょう。